COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第9回:これを見たらイヤとは言えまい(上)

田野倉 保雄=日経エレクトロニクス
2011/01/04 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2000年4月10日 、pp.141-144 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
前編より続く

「よりきれいな画像を実現するためには,
解像度を360dpi(dots per inch)から720dpiに高めるしかない」。
これが画像処理技術を担当する武井克守氏が出した結論だった。
製紙メーカなどに掛け合った末,ついに現実のものとなる。
そして,次の機種開発に碓井稔氏らが挑む。
プリント・ヘッドの低コスト化や画質のさらなる向上。
だが,ここで下したある決断が大きな失敗を生むことになる。

セイコーエプソンで,主に画像処理技術の開発を担当する武井克守氏。1978年,セイコーエプソンの前身である諏訪精工舎に入社,現在の肩書は,情報画像事業本部TP開発センター TP開発部部長である。(写真:柳生貴也=本社映像部)

 ――どうすれば,画質をさらに高めることができるのか。いろいろ考えたんです。そして出てきた答えが,やはり解像度を高めて,専用紙に印刷するということでした。それまでのプリンタの解像度は360dpi(dots per inch)だったのですが,それを一気に倍の720dpiに高められたら…。そう思って,皆に提案しました。

 でも,結果は散々。まったく受け入れられなかった。「720dpiなんて無理,論外。「360dpiでいこう」ってことで,量産直前まできてるんじゃないか。いまさらどうする気だ」って反応で。

 ただ,私には確信がありました。見てしまったんです。実験レベルなのですが,ドットを小さくして720dpi程度で印刷してみると,本当にきれいな画像が出てくる。360dpiとは比べものにならない。だからなんとかして720dpiのプリンタを作りたかった。

 でも,皆が言っていることも確かに正しい。間違ってはいないんです。いまから720dpiを実現するために,すべての設計をやり直すなんてことは到底できない。かといって,720dpiをそう簡単にあきらめることも…。あのきれいな画像を見てしまったあとでは――。

見つけ出した光明

 こうして考え抜いた挙げ句,武井氏はある一つの結論にたどり着く。「設計変更を最小限に抑えながら,解像度を360dpiから720dpiまで高めるには,紙を工夫するしかない…」。

 プリント・ヘッドから飛び出したインク粒は紙に着弾すると広がり,ドットの直径が徐々に大きくなっていく。より高い解像度の画像を得るためには,ドットの直径をできるだけ小さく抑えなければならない。それには,着弾したインクがなるべく広がらない紙が必要になる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング