電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

透明電極に新材料を導入,曲がる,安いでITOを代替

根津 禎=日経エレクトロニクス
2010/10/25 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年8月10日号 、pp.59-65 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
図1 新たな透明電極材料を機器の付加価値向上や低コスト化の切り札に
既存のITOに代えて新たな透明電極材料を利用することで,電子デバイスの特性向上やコスト低減が可能になる。例えばタッチ・パネルであれば,光の透過率が向上し,きれいな画像を得られる。(写真:大日本印刷)

液晶パネルやタッチ・パネルをはじめ,電子ペーパー,太陽電池に至るまで, 透明電極材料として幅広く利用されているITO。
 このITOを置き換える新しい透明電極材料が,徐々に実用化されつつある。 折り曲げに対応しやすい,コスト低減に向く,透過率が高いといった特徴を備えているからだ。
 既にタッチ・パネルで採用が始まっており,電子ペーパーがこれに続く。 そして,遠くない将来に太陽電池や液晶パネルに用途が拡大する可能性がある。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング