• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり > 公差解析で挑む 品質・コストの最適化

公差解析で挑む 品質・コストの最適化

 許容される寸法や形状のバラつきを指定する公差は、製品の品質とコストを決める重要なファクターだ。公差を厳しくすれば設計時に想定した性能や機能を実現しやすくなるが、逆に、加工や組み立て、検査に要するコストは往々にして高くなる。

 適切な公差を図面で指示することは、ものづくりをする上で当然のはずだが、実は近年、公差が不適切だったことに起因した不具合が目立つようになってきた。背景としては、流用設計の増加や後工程への過度な依存によって公差設計のスキルが低下していること、それにもかかわらず、より厳密な公差指示が求められる海外メーカーなどに外注する機会が増えていることなどが挙げられる。

 このような危機的な状況を克服するために、設計者の公差設計スキルの向上や公差設計プロセスの再構築に取り組むメーカーが増えてきた。適切な公差を設定できれば、品質を維持しながらのコストダウンも期待できる。3次元CADの利用が広まったことで、各部品の公差がアセンブリに与える影響を3次元モデルを使って検証する公差解析ツールを利用しやすくなったことも、公差設計への取り組みに追い風として吹く。

過去に掲載した公差の解説記事
『今こそ「公差」で差を付けろ』

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓