COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第7回:ほかの栄養も増やさなきゃ(上)

河合 基伸=日経エレクトロニクス
2010/11/02 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2006年1月30日号 、pp.114-116 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 2004年初頭。夜の寒空の下で閉店後のスーパーマーケットの様子をうかがう不審な女性がいた。ガラス越しに野菜売り場をじっと見つめ,首をかしげている。

「おっかしいなあ。真っ暗じゃない」

 予想を完全に裏切られたという表情をしているこの女性は,発光ダイオード(LED)の光で野菜のビタミンCを増やす冷蔵庫の開発を進める三菱電機 静岡製作所の平岡利枝である。2004年秋の製品化に向けて開発は佳境に入っており,平岡の頭の中はビタミンCを増やすことでいっぱいだった。ビタミンCを増やす技術について調べれば調べるほど,その可能性に魅了されていった。

ビタミンCを増やす機能の中枢であるオレンジ色の発光ダイオード(LED)。

「こんなにすごい技術なんだから,既に使っている分野があるはず。そうだ,スーパーマーケットなんて,うってつけじゃない。閉店後に野菜に光を当てて,ビタミンCを増やしているに違いない!」。

 そう考えた平岡は,居ても立ってもいられなかった。夜になるのを待って,家の近くのスーパーマーケットに確かめに来たのだった。残念ながら平岡の予想は外れたが,光でビタミンCを増やす技術に対する思いは揺らぐことはなかった。

ラスト・スパート

 そのころ,平岡にビタミンCを増やす技術を提案した三菱電機 住環境研究開発センターの八木田清は,迫り来る発売日を意識しながら地道な実験を繰り返していた。ビタミンCを増やす効果の確認作業はほぼ終了し,次の段階へと移っていた。光の効果がない野菜や,何らかのマイナスの影響が出ないかなどを調べる実験である。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング