• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 磁石を利用しない高性能モータを提案~帯電体工学のススメ~

磁石を利用しない高性能モータを提案~帯電体工学のススメ~

 これまでも静電気は,トナープリンタなど様々な用途で利用されてきたものの,電荷が移動するため電荷密度が低く応用分野が限られていた。電荷を閉じ込めるという発想がなかったためである。もし,帯電体の製造時に大量の電荷を安定的に閉じ込めることができれば,静電気力,すなわちクーロン力を高めることができ,応用範囲も大きく広がる。

 本稿で提案する『帯電体工学』とは,大量の電荷を閉じ込めて大きなクーロン力を発生させ,それをモータや発電機などの高性能化に生かそうというものである。未知の領域で課題が多いものの,小型機器用のモータなどから開発をスタートすれば,必ず広がりがあるはずである。

山村 信幸
技術コンサルタント
1946年生まれ。熊本大学 理学部 物理学科 卒業。オムロン,カシオ計算機,韓国三星電子を経て,現在は技術コンサルタント。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ