• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 先端技術の投入から設備投資まで,独走する半導体メジャー

先端技術の投入から設備投資まで,独走する半導体メジャー

 米Intel Corp.,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd(TSMC)に代表される半導体メジャー。ファブライト化が業界のトレンドとなる中,デバイス・プロセス技術と製造能力で他を圧倒する半導体メジャー3社の存在感はますます高まってきている。2008年秋以降の半導体不況からの脱却が見えたことで,この3社は2010年度に合わせて2兆円規模の設備投資を計画する。新技術の投入にも余念はない。

【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓