• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 先端技術の投入から設備投資まで,独走する半導体メジャー

先端技術の投入から設備投資まで,独走する半導体メジャー

 米Intel Corp.,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.,台湾Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd(TSMC)に代表される半導体メジャー。ファブライト化が業界のトレンドとなる中,デバイス・プロセス技術と製造能力で他を圧倒する半導体メジャー3社の存在感はますます高まってきている。2008年秋以降の半導体不況からの脱却が見えたことで,この3社は2010年度に合わせて2兆円規模の設備投資を計画する。新技術の投入にも余念はない。

【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓