• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEものづくり守れ、品質の誇り > 第10回:提言7 品質チェックは前工程から 

守れ、品質の誇り

第10回:提言7 品質チェックは前工程から 

  • 日経ものづくり編集部
  • 2010/07/15 00:00
  • 1/1ページ
1つの製品を造るのに必要な技術は複雑に絡み合っている。1つ不具合が発生すると、どこにどう影響するかがつかみにくい。この手立てとして有効なのが、手戻りを減らすために、構想設計段階や要素技術開発といった初期段階で品質を作り込むこと。従来、品質のチェックは、製品全体の基本設計案ができてから実行するのが通常で、ここに切り込む余地はありそうだ。

トップページへ

【技術者塾】(7/25開催)
低コストを実現する機能安全設計の実践法

ISO26262に対応しつつ、回路の部品点数の半減を目指す


省エネルギー社会に則した機器をキャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。。機能安全規格「ISO26262」に対応した安全設計を実施していく上で、考えなければならない設計の考え方や考慮すべきポイントを解説。これにより、コストの視点をしっかりと押さえつつ、「最適な安全設計を実現するために何をどこまで考慮すべきか」について判断ができるようになります。続いて、シンプルで最適な安全アーキテクチャを考えるためにはどうしたらよいかについて、回路の部品点数の削減事例を基に分かりやすく解説します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年 7月25日
会場 : 御茶ノ水トライエッジカンファレンス
主催 : 日経Automotive

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓