設計・生産 ものづくり現場の競争力アップに貢献する
 

第2回:グローバル化の弊害

日経ものづくり編集部
2010/06/08 00:00
出典:日経ものづくり、2010年4月号 、pp.39-42 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 日本製品の強さの源泉の1つは、ケイレツに代表されるようなセットメーカーとサプライヤー間の強固な連携にあった。例えば、設計の初期段階から互いに協力し合うデザインインのような深い関係が、設計の意図を理解し情報を共有する上で重要な役割を果たしてきたのである。

 それが、仕様書には基本的なスペックや取り付け部などのインタフェースを指示するだけで、細部は設計を進めながら一緒に詰めていくというスタイルの仕事を可能にした。この過程で、サプライヤーは、仕様書に書いていない意図や明文化しにくい暗黙知を「あうんの呼吸」で図面に作り込んでくれたのだ。

 極論すれば、「ケイレツのような強固な関係があれば、品質保証部門は不要なほど」(元・日本品質管理学会会長で東京大学名誉教授の久米均氏)。セットメーカーは、サプライヤーと常に意思疎通を図るという緊密なコミュニケーションによって、高いレベルの品質の作り込みを担保していたのである(図4)。

図4●サプライヤーとの関係の違い
国内では暗黙の了解で済んだが、海外サプライヤーの場合は仕様を厳密に決めて契約しなくてはならない。国内と同じ感覚では意思が伝わらない。
[画像のクリックで拡大表示]

 緊密なコミュニケーションは、セットメーカーとサプライヤー間だけではない。メーカー内の部門間も同様だ。この点に、日本製品の品質の高さの要因を見いだすのが、企業の技術力を分析している東京理科大学大学院総合科学技術経営研究科教授の松島茂氏だ。同氏は、日本製品の品質は部門間や組織間の相互作用によって技術力が向上して鍛えられたとする「スパイラル仮説」を唱える*2

*2 松島氏は、技術者に数多くのヒアリングを実施しており、その聞き取りを基にスパイラル仮説を提案している

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【技術者塾】(9/11開催)
Quick DRを始めよう

~日産自動車で生まれた不具合未然防止手法~


日産自動車においてQuick DRを開発し、導入推進した講師が、Quick DRの考え方やプロセス、実施手順などを解説します。具体的な課題によるQuick DRの主要手順を体験する演習も実施します。 詳細は、こちら
日時: 2015年09月11日(金)10:00~17:00
会場:Learning Square新橋(東京・新橋)
主催:日経ものづくり

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング