COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第5回:すき間に無理矢理入れちゃえば?(上)

芳尾 太郎
2010/03/09 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2000年9月11日号 、pp.151-154 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
前回から続く)

富士写真フイルムのディジカメ開発物語は第3回目。縦か横かで紛糾した製品のデザインは,やっとのことで「縦型」に落ち着く。これを待ちかねた設計部がついに動き出す。ところが作成された設計図を見て,担当者は目を丸くする。話があまりにも違っていたのだ。

 「次の製品,こんな感じになったから。よろしく」

 1997年5月のある日。埼玉県朝霞市にある富士写真フイルムの朝霞技術開発センターで,いつも通りパソコンに向かって仕事をしていた松尾淳一氏の前に,1枚の設計図が置かれた。開発中の150万画素ディジカメの設計図である。

 「はいはい,了解」

 画面に向かって仕事を続けたまま,松尾氏は答えた。そういえば,デザインが固まったっていってたな。仕様が確定したのかな。やっと松尾氏は手を止めて,設計図に目を移す。なになに,えーっと。ここがこうで,ここはこう。全部足すと,ざっと約1万7000といったところか。

 「えーっ」

 声は,彼が所属する設計部中に響き渡った。

 「ち,ちょっと。待って下さいよ,南雲さん。こんなの絶対に無理ですよ」

言ってあったはずでしょ

 設計図に記されていたのは,プリント基板の面積である。松尾氏は設計部内で電気系統を実装するグループのリーダを任されていた。与えられた大きさや形状の基板にすべてのICを並べ,配線し,それらを正常に動作させるのが彼の任務である。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング