家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第2回:SamsungにGoogleも参戦,市場は好循環に突入

小谷 卓也=日経エレクトロニクス
2010/02/03 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年6月29日号 、pp.36-39 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
前回から続く)

電子書籍市場に今,数多くの有力企業がなだれ込もうとしている。市場で先行するAmazon.com社とソニーは,参入を狙う多くの企業の背中を押すとともに,成功の要件を明らかにした。

 「韓国Samsung Electronics Co., Ltd.が参入してきたということは,この市場が約束されたものであることを意味するに等しい」(韓国の電子書籍端末メーカーのCEO)――。

 2009年から2010年にかけて,米Amazon.com,Inc.やソニーに続けとばかりに,名だたる有力企業が相次いで電子書籍市場に参入する (図1)。例えば,「市場の開拓よりも後追いで他社から市場を奪うのが得意」と一般に評されるSamsung Electronics社は,2009年6月から順次,韓国や北米などで電子書籍端末の発売に踏み切る。米Google Inc.は2009年末,電子書籍販売サービスを始める計画だ。同年6月に米国で開催された出版業界向けのイベントで明らかにした。米国のメディア・コングロマリットであるHearst Corp.やNews Corp.,米国最大手書店のBarnes & Noble社などコンテンツ大手各社も参戦する。このうちHearst社は,自ら電子書籍端末まで開発して市場に投入する。

図1 電子書籍市場にさまざまなプレーヤーがなだれ込む
電子書籍市場に新たに参入を図る企業の一例。2009年に入り,一気にプレーヤーが増加した。
[画像のクリックで拡大表示]

 米Apple Inc.が近く電子書籍市場に本格参入するというウワサも絶えない。同社のオフィスの前に,書籍を山積みにした何台ものトラックが連日のように止まってい るという逸話は,もはや業界では有名だ。同市場で先行するソニーも,「Apple社は当然やって来るだろうと思っている」(Sony Electronics社 Digital Reading Business Division, Deputy Presidentの野口不二夫氏)と待ち構える。

 これまでマイナーな存在だった電子書籍市場は,さまざまな業態の有力企業が入り乱れ,互いにしのぎを削り合う大混戦の舞台へと変貌する。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング