COLLEGE 製造業の“本当”を探求
 

第3回 半導体:事業の絞り込みは怖くない,脱Siに向けた先陣争いへ

大石 基之=日経エレクトロニクス
2010/01/19 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年11月2日号 、pp.114-116 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
(前回から続く)

 半導体業界が,2008年秋の「リーマン・ショック」以降続いてきた長く暗いトンネルから抜け出しつつある。米Semiconductor Industry Association(SIA)の発表によると,2009年8月における半導体の世界売上高(3カ月の移動平均値)は190億6000万米ドルと,対前月比で5.0%増だった(図1)。6カ月連続して,前月よりも売上高が増加した。

図1 回復に向かう世界半導体市場
SIAの調べによる単月の世界半導体売上高(3カ月移動平均値)の推移。2009年8月は対前年同月比では16.1%減,前月比では5.0%増だった。
[画像のクリックで拡大表示]

 2009年8月の売上高を前年同月と比べた場合は16.1%減と,まだリーマン・ショック以前の水準には戻っていない。それでも,2009年7月の対前年同月比18.2%減に比べると2.1ポイント改善しており,底打ち感が鮮明になってきた。「ロジックLSIの受注は2009年2月を底に回復基調にある」(富士通マイクロエレクトロニクス 代表取締役社長の岡田晴基氏),「半導体市場の底は2009年1~3月。既に回復に向かっている」(東芝執行役上席常務 セミコンダクター社 社長の齋藤昇三氏)状況である(図2)。

図2 受注は2009年2月を底になだらかに回復
富士通マイクロエレクトロニクスのロジックLSIの受注状況を見ると,2009年2月を底になだらかな回復傾向に転じている。

 実際,半導体メーカー各社の業績は着実に上向いている。エルピーダメモリは,2009年7~9月期に約5億円の営業利益を確保し,8四半期ぶりに黒字転換したことを2009年10月15日に発表した。パソコンやサーバー機向けDRAMの価格が同四半期に大幅に上昇したほか,生産性の向上が寄与し,2009年4~6月期の423億円の営業損失から,収益が大幅に改善した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング