• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEスキルアップCOLLEGE「初音ミク」の開発 > 第5回: みんなのミクになってみた(上)

「初音ミク」の開発

第5回: みんなのミクになってみた(上)

  • 根津 禎=日経エレクトロニクス
  • 2010/01/12 00:00
  • 1/3ページ
(前回から続く)

 「先生なにやってんすか」「野尻仕事しろ」――。ニワンゴが運営する動画共有サイト「ニコニコ動画」にこんなコメントが飛び交う動画が投稿されたのは,2007年11月25日のことだった。画面は慣れた手つきで電子工作キットを組み立てる様子を映し出している。そして,完成したキットの筐体に「初音ミク」のイラストを張り付けると,「世界にただ一つの『携帯みくみくプレーヤー』の完成です」と誇らしげに宣言された。

左がSF作家の野尻抱介氏が造った携帯型音楽プレーヤー。右が同氏。

 動画の投稿者は,現役バリバリのSF作家である野尻抱介。2007年8月31日の発売以来,ニコニコ動画に吹き荒れる「初音ミク祭り」を横目に,居ても立ってもいられなくなった。「初音ミクの歌声とイラストに心を奪われた。自分も何かやりたい」。そう考えた野尻が思い付いたのが,趣味の電子工作を生かした動画の投稿であった。

2週間で年度目標を達成

 クリプトン・フューチャー・メディア(以下,クリプトン社)が2007年8月31日に発売したパソコン用歌声合成ソフトウエア「初音ミク」は,DTM(desktop music)業界の常識では考えられないヒット作になった。「2007年内に1000本」という当初の目標は,発売2週間で達成した。開発担当者は「あっという間に1万本売れた。しばらくは何が起きているのか分からなかった」(主要な開発メンバーであるクリプトン社 メディアファージ事業部の佐々木渉)と振り返る。

おすすめ