電子部品 受動部品からモジュールまで電子部品の総合情報
 

第1回:なぜ今,直流給電なのか

狩集 浩志=日経エレクトロニクス
2009/11/11 13:00
印刷用ページ

 ここ最近,データ・センターや家庭,オフィス,工場,店舗などで直流給電システムへの取り組みが加速している。2009年10月6~10日に千葉県の幕張メッセで開催された国内最大級のエレクトロニクス・IT関連の展示会「CEATEC JAPAN 2009」では,家庭内への電力供給を従来の交流ではなく,直流とする「直流ハウス」の展示がパナソニックやTDK,シャープから相次いだ(図1)。一方,データ・センターでは,400V程度と高い電圧の直流をIT機器に給電する取り組みが進んでいる。

図1
図1 パナソニック・グループの展示ブースでは,パナソニック電工が開発している,交流の配線を残しながら直流も利用可能な「AC/DCハイブリッド配線システム」を展示した。パナソニックが手掛ける家庭用燃料電池や家庭用Liイオン2次電池ユニットなどを組み合わせた。

 今,なぜ直流給電に注目が集まっているのか。その大きな要因の一つにCO2排出量の削減に向け,直流給電が非常に有効な手段になり得ることが挙げられる。特に,IT機器業界では喫緊の課題である。データ・センターなどをはじめとし,IT機器の消費電力が急増しているからだ。世界では,IT機器による消費電力が2025年に2006年比で9.4倍に増え,世界の総発電量の15%を占め,日本でも2025年に同5.2倍に増え,日本の総発電量の20%を占めるようになるといわれている(図2)。

図2
図2 日本国内におけるIT機器の消費電力は,2025年に2006年に比べて5倍以上に,2050年には12倍に増加するとの予測がある。図は経済産業省の資料を基に作成した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング