家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

エレクトロニクス企業が健康管理市場になだれ込む(上)

小谷 卓也=日経エレクトロニクス
2009/09/17 09:00
出典:日経エレクトロニクス、2009年3月23日 、pp.95-99 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

数多くのエレクトロニクス企業が今,健康管理市場になだれ込もうとしている。その動きを見ていくと「オープン」か「クローズド」かという二つの異なるアプローチがある。ただし,新分野への展開を模索するエレクトロニクス企業にとってこの市場に懸ける思いは皆,同じである。

 健康管理市場へと向かうエレクトロニクス企業の足音が,ひときわ大きくなってきた。2009年に入り,数多くのエレクトロニクス企業が,健康管理市場になだれ込もうとしているのだ(図1)。

図1 健康管理に関するエレクトロニクス企業の動きが活発に
2009年に入り,健康管理市場にエレクトロニクス業界の多くの企業がなだれ込もうとしている。これまでは,一部の強力な企業による取り組みにとどまっていた。
[画像のクリックで拡大表示]

 例えば,米Intel Corp.が中心となって設立し,世界の健康管理市場の開拓などを進める非営利団体「Continua Health Alliance」は,2009年2月上旬に東京で記者会見を開催。この場で,14社のエレクトロニクス企業が,健康管理市場に向けた機器や部品,サービスなどの開発に取り組んでいることを明らかにした注1)

注1)14社は,インテル,エー・アンド・デイ,NTT,NTTデータ,NTTドコモ,オムロンヘルスケア,シーエスアール,シャープ,タニタ,東芝,パナソニック,日立製作所,富士通,フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンである。

 その数日後には,米IBM Corp.と米Google Inc.が健康管理分野の取り組みで協力することを発表。IBM社が新たに開発したソフトウエアとGoogle社が米国で展開するWebサービス「Google Health」を融合させて,利用者の健康管理などの利便性向上を図るという。

 パナソニックは2009年3月,「ヘルスケア向け」と銘打つパソコンを発売。従来のパソコンとは異なるユーザー層を開拓する構えである。

 2009年4月には,NECとパナソニックメディカルソリューションズ,日立製作所の3社がそれぞれ,任天堂のゲーム機「Wii」と健康ゲーム・ソフト「Wii Fit」を利用した特定保健指導システムの提供を始める予定だ。

 これらは,健康管理市場へと向かう足音のほんの一部にすぎない。水面下でうごめく動きも含め,実にさまざまな取り組みを今,国内外のエレクトロニクス企業は進めている。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング