家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第2回:あらゆる機器へ搭載狙うUSB,HDMIは携帯機器に再挑戦

根津 禎=日経エレクトロニクス
2009/09/07 00:01
出典:日経エレクトロニクス、2009年2月23日号 、pp.38-41 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
(前回から続く)

周辺機器インタフェースの代表格「USB」に,8年ぶりの次世代仕様が登場する。AV機器を席巻する「HDMI」も,次世代仕様が間もなく姿を現す。これまでパソコンと携帯機器はUSB,据置型AV機器はHDMI,という区分けがあった。だが,この状況が大きく変わりつつある。次世代仕様の登場で,両規格が携帯機器市場を舞台に対峙する。勝つのはUSBかHDMIか――。

 インタフェースにとって,規格争いは宿命だ。新しい規格が出ては消え,また生まれていく中で,強いものだけが生き残る。

 厳しい生存競争で,ひときわ輝かしい戦歴を誇るのがUSBである。1996年の登場以来,数々のインタフェース規格に打ち勝ちながら勢力を拡大してきた(図1)。

図1 HDMIとUSBが携帯機器で競合
1990年代後半に誕生したUSBは,USB 2.0がきっかけとなり,パソコンや携帯機器などに,急速に普及していった。一方,HDMIは主に,AV機器の分野で幅広く普及している。次世代仕様では,携帯機器への普及を目指す。現行のMicro USBや,USB 3.0のMicro仕様と競合しそうだ。
[画像のクリックで拡大表示]

 初代の「USB 1.0/1.1」は,マウスやキーボード用途で採用を伸ばし,従来利用されていた「PS/2」やパラレル・ポートの役割を奪った。2000年4月に登場した高速版である「USB 2.0」では,AV機器業界が強力に推進する「IEEE1394」と真っ向勝負し,その存在を隅に追いやった。

†PS/2=キーボードやマウスを接続するためのインタフェース規格。IBM社のパソコン名に由来する。

†IEEE1394=AV機器とパソコン,パソコン用周辺機器間などを接続するために利用するシリアル・インタフェース。圧縮した映像データを,途切れることなくやりとりするためにIsochronous転送モードを備える。

 USBは給電機能を武器に,携帯機器へも浸透した。携帯機器向けの小型コネクタである「Mini仕様」や「Micro仕様」など次々に拡張し,デジタル・カメラやメディア・プレーヤー,携帯電話機などに食い込んだ。今やUSBは,パソコンや携帯機器にとって不可欠の存在となっている。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング