家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

第4回:電子ペーパーが相次ぎ市場に(2)

小谷 卓也=日経エレクトロニクス
2009/07/01 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2006年1月2日号 、pp.58-62 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

(前回から続く)

群雄割拠の電子ペーパー技術
独自の特徴を競う

 世界各国では今,さまざまな電子ペーパー技術の開発が進められている。このうち,2006年~2007年にかけて実用段階に入る電子ペーパーを大別すると,E Ink社やSiPix Imaging社,ブリヂストンなどが開発する粒子移動型と,旭硝子や富士ゼロックス,富士通などが開発するコレステリック液晶型に分けることができる。ただし,同様の方式であってもそれぞれ技術が異なり,各メーカーは独自の特長を打ち出している(表1)。

表1 2006年~2007年に実用段階に入る電子ペーパー技術の例
[画像のクリックで拡大表示]

 粒子移動型は,白色や黒色の粒子を電界によって上下に移動させることで,表示色を切り替える方式である。マイクロカプセル中の液体の中で,白黒の粒子を上下させるE Ink社の方式が知られているが,例えばブリヂストンの方式は空気中で白黒の粒子を上下させるため,粒子の応答速度が0.2msと極端に速い。このため,アクティブ駆動によるドット表示を前提としているE Ink社とは異なり,パッシブ駆動でも高精細なドット表示が可能という特徴を備える。「パッシブ駆動という簡易で低コストな方法でありながら,7.5インチ型のXGA(1024×768画素)品という高精細な電子ペーパーも試作済み」(ブリヂストン 研究開発本部 高機能商品開発室長の和田宏明氏)と胸を張る。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング