家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

超薄型液晶テレビ「Wooo UTシリーズ」の分解

小谷 卓也,佐伯 真也=日経エレクトロニクス
2009/06/15 00:00
出典:日経エレクトロニクス、2008年1月28日号 、pp.105-114 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
日立製作所の液晶テレビ「Wooo UTシリーズ」を分解

 薄型テレビのトレンドの一つになった,“壁張り”を見据えた「超薄型化」。その先鞭を付けたのが,日立製作所が2007年12月に発売した液晶テレビ「Wooo UTシリーズ」だ。表示部の厚さは35mm(最薄部)。それまで最も薄かったシャープの「AQUOS Gシリーズ」の81mmに比べて,半分以下に薄くした。液晶テレビの超薄型化競争の起爆剤となったこの製品を分解すると,技術者の薄型化へのこだわりが見えてくる。

 Wooo UTシリーズの分解については,日経エレクトロニクス分解班が2007年12月にTech-On!で速報している(Tech-On!関連記事)が,本連載ではさらに詳しい内容を掲載した日経エレクトロニクス1月28日号の記事を再掲載する。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング