ディスプレー パネルの製造装置・部品から応用先までカバー
 

第5回:海外勢を迎え撃つ中国メーカー,テレビ向け「高世代ライン」建設へ

北原 洋明=テクニカル・ライター,王 海紅=日経マイクロデバイス 協力スタッフ
2009/05/15 00:00
出典:日経マイクロデバイス、2009年5月号 、pp.33-40 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ
 台湾と韓国のパネル・メーカーが中国市場へ積極的に攻め入る中,中国勢も迎え撃つ準備を着々と進めている。これまで第5世代ラインを稼働してきた中国SVA(Group)Co., Ltd.,中国BOE Optoelectronics Technology Co., Ltd.,中国Infovision Optoelectronics(Kunshan) Co., Ltd.(IVO)の3社,および第5世代ラインの稼働を開始したばかりの中国Century Display (Shenzhen) Co., Ltd.が,テレビ用パネルの「高世代ライン(第6世代以上のライン)」の投資を画策している。また,PDPパネルの量産を始めたChanghongや,新たな参入を目指す張家港市の彩虹(張家港)平板顕示有限公司の動きにも目が離せない。これらの企業には,それぞれの地方政府が後ろ盾としてついている。市場の状況を見て,投資機会を虎視眈々と狙っている。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング