• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス中国の内需拡大政策「家電下郷」の効果を見極める > 第3回:パネル・メーカーの主戦場が中国に,勢い付く台湾メーカー

中国の内需拡大政策「家電下郷」の効果を見極める

第3回:パネル・メーカーの主戦場が中国に,勢い付く台湾メーカー

  • 北原 洋明=テクニカル・ライター,王 海紅=日経マイクロデバイス 協力スタッフ
  • 2009/05/13 00:00
  • 1/1ページ
 家電下郷によって生まれた中国のFPD市場の活気は,そのまま中国でのFPDパネルの展示会「FPD China 2009」にも反映された。2008年,韓国Samsung Electronics Co., Ltd.と韓国LG Display Co.,Ltd.が同展示会に初めて出展し,中国市場へ参入の意志を明確にした。今年は,台湾AU Optronics Corp.,台湾Chi Mei Optoelectronics Corp.も初出展した。FPD業界での市場競争の縮図が中国に現出した格好だ。
【技術者塾】(7/15開催)
ディスプレーに革新をもたらす「量子ドット」の最新動向


ディスプレーへの応用で注目を集める量子ドット(QD)。QDビジネスに関わる各社の技術の内容や事業戦略、そして、ディスプレーが目指す新たな色の世界と産業の方向について、最新の情報を詳細に解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年7月15日
会場 : Learning Square新橋 6F(東京・新橋)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓