日経エレクトロニクス

自動車電話からユビキタス端末へ,インターネットとの融合も進む

アプリケーション編:携帯電話

蓬田 宏樹
2009/05/22 00:00
印刷用ページ
 

 今や一人に1台が当たり前のツールとなった携帯電話機。音声通信のみならず,デジタル・カメラや音楽再生,さらには動画撮影,地上デジタル放送の視聴まで可能となっている。こうした携帯電話機の発端は,業務用途が中心の「自動車・携帯電話」であった。例えばNTTが1980年代後半に発売したものは,重さが1kg程度あり,ショルダーホンといった風情である(図1)。当時の携帯電話機は,自動車内で企業ユーザーが利用するイメージであり,「走る重役室」と揶揄されることもあった。

図1 当初は自動車用途から始まった
図1 当初は自動車用途から始まった
(a)はNTTが出した携帯電話機と車内・車外兼用電話機。写真右の携帯電話機の重さは約900g。(b)はMotorola社が1989年4月に発表したマイクロTAC。小型電池パック利用時の重さは303g。(c)はNECが1990年2月に発表した「P3」で,重さは400g。(d)は松下通信工業(現パナソニック モバイルコミュニケーションズ)製の「デジタル・ムーバ P201HYPER」で,重さは93g(写真左)。NTTドコモが1996年に発売した。(e)は京セラ製の「CyberGiga TH181」で,重さは69g。ツーカーホン関西が1998年8月に発表した。(f)はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製の「SO203i」で,iモード対応端末ながら重さを69gと軽量化した。NTTドコモが2004年6月に発表した。(g)はmodu社が2008年2月に発表した携帯電話機で,重さは40.1g。GSM/GPRSに対応する。本誌1990年4月16日号,p.129,同1998年11月16日号,p.149,同2000年1月31日号,p.160,同2004年5月24日号,p.43から。

 その「自動車・携帯電話」のイメージを大きく覆したのが,米Motorola, Inc.が1980年代末に発表した小型携帯電話機「マイクロTAC(Micro TAC)」である。連続通話時間は約30分(小型電池パック使用時)と短かったが,わずか300g程度で手のひらに収まるサイズの携帯電話機が登場したことで,関連業界は大騒ぎとなった。このマイクロTACの登場以来,携帯電話機は小型/軽量化の道を突き進むことになる。

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経エレクトロニクス・ニュースは月~金曜日配信の無料メールサービスです

NE編集部からひとこと

センサとICTの活用動向をまとめた書籍「スマートセンシング」を発行しました。


●日経エレクトロニクス
 定期購読者向けサービスのお知らせ

「定期購読者限定サービス」は、「日経エレクトロニクス」を定期購読いただいている読者の方が、雑誌の記事をブラウザで閲覧いただけるサービスです。
詳しくはこちらをご覧ください。


なお、ご利用に際して「日経BP書店マイデータ」への登録が必要です。
登録方法については、こちらをご覧ください。

バックナンバー

●日経エレクトロニクス
 発行サイクル変更のお知らせ

「日経エレクトロニクス」は、2015年2月号(1月20日発行)
より、発行サイクルを隔週刊から、月刊(1年12冊、3年36冊
/毎月20日発行)に改めました。

購読のご案内

毎月20日発行(年12冊)
年間購読料(税込み)
  • 1年(12冊) 16,800円
  • 3年(36冊) 33,600円
  • 一部売価格(税込み) 1,800円
日経エレクトロニクス定期購読キャンペーン