半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 
大石 基之=日経エレクトロニクス
2009/02/27 13:00
出典:日経エレクトロニクス、2008年4月21日号 、pp.51-52, pp.58-77 (記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
印刷用ページ

 東芝の経営が揺れている。2008年度通期の営業損益は,過去最悪の2800億円の赤字に陥る見通しだ。業績悪化の元凶になった半導体では,システムLSI事業とディスクリート事業を分社化する意向を表明した

 実は同社は,つい一年前には全く逆の戦略を持っていた。システムLSI事業とディスクリート事業でも,2009年度に売上高世界ランキングで3位以内に入ることを目指していたのである。本解説の第1回では,東芝が当初描いていた将来像を振り返る。この構想の基本は,世界でも有数の規模を誇るフラッシュ・メモリ事業の余勢を駆って他の事業を強化することだった。想像を上回るフラッシュ・メモリ市場の悪化が,同社のもくろみをうち砕いた格好だ。

 本解説の第2回は,東芝が将来の事業として大きな期待をかけるSSD(solid state drive)の今後の課題と解決策を述べる。2007年まで東芝でNANDフラッシュ・メモリの主力設計者として活躍し,東京大学に転じた人物に寄稿してもらった。SSD事業に対する東芝の熱意は今も変わらない。2009年2月に発表した,富士通のHDD事業買収の理由として,東芝はサーバー向けSSDの開発強化も挙げている。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング