• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスICEP-IAAC 2015 > 「ムーアの法則を超えるイノベーション」を議論

ICEP-IAAC 2015

「ムーアの法則を超えるイノベーション」を議論

  • ICEP-IAAC2015論文委員
  • 2015/04/21 17:49
  • 1/2ページ
基調講演に登壇したCiscoのJie Xue氏
基調講演に登壇したCiscoのJie Xue氏
[画像のクリックで拡大表示]

 ICEP-IAAC2015への参加者は会期を通じて400人を超え、過去最多となった。基調講演のセッションは、うち3件が会期2日目の2015年4月15日に開催された。いずれも、IoTとその先のアプリケーションやシステムについての展望を語る内容。デバイスや実装技術によるイノベーションの機会とその可能性がテーマだった。

 最初に、米IBM社のAsia Pacific CTOにこの4月に就任したNorishige Morimoto氏が登壇した。同氏はIoTの先にある技術とされるコグニティブコンピューティングを5つの要素で定義した。異種混合ビッグデータ、超高速コンピューティング、超低消費電力、マンマシン・インタラクション、不確定データに基づく機械生成による仮説、である。

 これらを可能とする技術を統合することで、問題の早期発見や非侵襲診断、性能予測などのリアルタイム分析が可能になると同氏は話す。例えば、タンカーなどの船舶にセンサーを張り巡らせ、センシングデータを収集することで、メンテナンスコストを10%削減できるという。データをクラウドで分析することで、計算モデルがなくてもデータの相関性だけで予測が可能とした。

 「IBM Watson」の進化にも言及。現状で対応するのは1対1の会話だが、今後は会話で得られた情報を基に知識をアップデートしたり、必要な情報を引き出すような質問をしたりできるようになる、との見通しを示した。質疑応答の場では、Watsonの利用者が人工知能(AI)に過度に依存するリスクをいかに回避するかなどについて、活発な議論が交わされた。

おすすめ