半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

有機エレクトロニクスの次の方向性を考える

2014年7月10~11日、東京で開催

2014/07/03 14:13
印刷用ページ

有機エレクトロニクスの事業化や研究開発を進めている企業や大学に所属する意思決定者や研究者が一堂に会し、これまでの到達点と今後の展開について、講演とパネルディスカッションを通じて議論するシンポジウム「有機エレクトロニクスの次の方向性を考える」(日経エレクトロニクス主催、有機エレクトロニクス材料研究会協力)が2014年7月10~11日に東京で開催される。同シンポジウムをレポートする。

記事一覧

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング