• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス > 次世代パワー半導体のインパクト

次世代パワー半導体のインパクト

 省エネの切り札として注目を集める「パワーデバイス」の中でも、大幅な効率向上や小型化を見込める次世代材料として、SiC(炭化ケイ素、シリコンカーバイド)やGaN(窒化ガリウム、ガリウムナイドライド)に大きな期待が寄せられています。中でも、利用環境が急速に整ってきているのがSiCデバイスです。ダイオードやMOSFETの他、両素子を搭載した「フルSiC」のパワー・モジュールも製品化されています。このうちダイオードは、エアコンや音響機器、産業機器、太陽光発電向けパワーコンディショナー、鉄道車両向けインバーターなどに次々と採用されました。自動車分野では、SiCを利用した車載充電器が登場。将来的にはハイブリッド自動車や電気自動車のモーターを駆動するインバーターにも採用される可能性があります。

 そこで、7月4日開催のNE先端テクノロジーフォーラム「次世代パワー半導体のインパクト」では、SiCパワーデバイスの最新動向と共に、同デバイスがパワーエレクトロニクス機器にもたらすインパクトについて紹介します。

記事一覧

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ