半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

ECTC 2014の参加人数は約1170人、オーランド開催年としては過去最高に

中島 宏文=Program Director, Region 10 (Asia and Pacific rim), IEEE CPMT Society
2014/06/06 14:22
印刷用ページ

 半導体パッケージ技術に関する国際学会「2014 Electronic Components and Technology Conference(ECTC)」(2014年5月27~30日、米国オーランド)が閉幕した。最終日の昼食会では参加人数などの数字が発表された(写真1)。

ectc
写真1●昼食会の様子

 参加人数は最終的に1170人程度で、前回の1300人には及ばなかった。それでも半導体パッケージ技術に関する世界最大規模の国際会議というにふさわしい内容だった。ECTCでは、米国オーランドで開催される年は参加人数が少ない傾向にある。そうした中、今回はオーランド開催年としては過去最高の参加者数を記録した。論文投稿数は593件で、採択率は62%。7年ぶりに60%を越え、近年のECTCとしては比較的採択されやすかった。

TSMCからの3D-TSVの発表が実質ゼロに

 今回の傾向としては、ファブレス企業からの投稿が目立った。米Altera社から4件、米Cisco Systems社から4件、米Invensas社から4件、米Qualcomm社から7件といった具合である。一方、台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)は、2013年のECTCで3D-TSVの発表を精力的に行ったのに対し、今年は関連講演が実質ゼロになった。TSMCの技術者が著者に名を連ねている論文は1件発表されたが、ベルギーIMEC所属時の成果であるため、TSMC単独での成果発表はゼロである。こうした状況から、台湾のある関係者は、TSMCにおいて3D-TSVに関する情報収集や研究段階が完了し、製品化段階に入った証拠だと語っていた。

ここから先は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをクリックして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング