• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスICEP 2014 > 狭ピッチの微細はんだ接合に関する提案が相次ぐ

ICEP 2014

狭ピッチの微細はんだ接合に関する提案が相次ぐ

  • ICEP論文委員
  • 2014/05/01 15:59
  • 1/1ページ
 インターコネクトの微細化により、はんだ接合部分における金属間化合物(inter metallic compound:IMC)の重要性が増し、より精密な接合管理やバリアメタルの設計が必要になる。エレクトロニクス実装技術の国際会議「ICEP (International Conference on Electronics Packaging) 2014」(2014年4月23~25日、富山国際会議場)のインターコネクトセッションでは、バンプピッチ60~8μmの微細はんだ接合について活発な議論が交わされた。以下ではその一端を紹介する。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ