• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスICEP 2014 > 狭ピッチの微細はんだ接合に関する提案が相次ぐ

ICEP 2014

狭ピッチの微細はんだ接合に関する提案が相次ぐ

  • ICEP論文委員
  • 2014/05/01 15:59
  • 1/1ページ
 インターコネクトの微細化により、はんだ接合部分における金属間化合物(inter metallic compound:IMC)の重要性が増し、より精密な接合管理やバリアメタルの設計が必要になる。エレクトロニクス実装技術の国際会議「ICEP (International Conference on Electronics Packaging) 2014」(2014年4月23~25日、富山国際会議場)のインターコネクトセッションでは、バンプピッチ60~8μmの微細はんだ接合について活発な議論が交わされた。以下ではその一端を紹介する。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓