家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

中国TCLの110型4Kテレビは若者向け

麻倉怜士IFA 2014 GPC報告

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2014/04/30 17:02
印刷用ページ
図1 「目標は、欧州のUHD販売でトップ3のブランド」。TCL社の欧州法人、Europe TCL MarketingのDirecterのAntoine Salome氏
図1 「目標は、欧州のUHD販売でトップ3のブランド」。TCL社の欧州法人、Europe TCL MarketingのDirecterのAntoine Salome氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 ユーザーがテレビに望む条件。画質、画面サイズ、デザイン、接続性、3D機能という順番
図2 ユーザーがテレビに望む条件。画質、画面サイズ、デザイン、接続性、3D機能という順番
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(1)
図3 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(1)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(2)
図4 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(2)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 IFA 2014では110型の曲面型4Kテレビが発表予定
図5 IFA 2014では110型の曲面型4Kテレビが発表予定
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「目標は、欧州のUHDテレビ販売でトップ3のブランドになることです」――。中国の大手液晶テレビメーカーであるTCL社の欧州法人「Europe TCL Marketing」でDirecterを務めるAntoine Salome氏は言った(図1)。「ユーザーがテレビに望む条件は、第1に画質、次にサイズ、デザイン、接続性、3D機能という順番です。われわれもこの優先順位で設計しています」(図2)。

 野望の源泉が垂直統合力だ。バネル製造子会社のChina Star Optoelectronics Technology社(CSOT、華星光電)は、第8.5世代(2200mm×2500mm)のマザーガラス基板を毎月13万枚投入できる能力を持つ、世界第3位のパネルメーカーだ。

「他社は水平分業ですが、われわれは垂直統合でより高性能、新分野、コストに強い最終製品を作れるのが最大の強みです」。この2番目の魅力条件である「サイズ」のショーケースがCSOT製造になる110型の世界最大級4K×2Kパネル。8.5世代マザーガラスを2分割して作製したものだ。これまで「FPD International」などの専門展示会ではお披露目されていたが、肝心のTCL社のテレビ製品化計画は不明だった。

 今回、Antoine Salome氏は具体的な商品化計画を明らかにした。ユニークなのが、「若者向けテレビ」として110型4Kテレビを発売すること。TCL社は、欧州市場ではダブルブランドで4Kテレビを展開する。1つが、35歳以上のファミリー層をターゲットにした「THOMSON」ブランド。4月に85型、55型、49型の4Kテレビ、「Z8766」シリーズを発売した。85型は約9000ユーロだ。

 もう1つのブランド「TCL」は、20~35歳の若い層に向けたテレビだ。110型は「JUMBO UHD TV」シリーズとしてTCLブランドで、若者向けに売られるのだ。若者がこんな大きなテレビ(価格未定だが、当然高価)を買うのかは疑問だが。Jumboシリーズは110型、85型、75型で構成する(図3、図4)。「これほどの大きな画面サイズのテレビが作れるのは垂直統合だからです」とAntoine Salome氏。9月の「IFA 2014」での110型の曲面型4Kテレビの発表も予告した(図5)。これまで筆者が展示会で試作パネルを見た限りでは、問題は画質である。本番製品はどうか。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング