• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器IFA 2014 Global Press Conference(IFA 2014 GPC) > 中国TCLの110型4Kテレビは若者向け

IFA 2014 Global Press Conference(IFA 2014 GPC)

中国TCLの110型4Kテレビは若者向け

麻倉怜士IFA 2014 GPC報告

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2014/04/30 17:02
  • 1/1ページ
図1 「目標は、欧州のUHD販売でトップ3のブランド」。TCL社の欧州法人、Europe TCL MarketingのDirecterのAntoine Salome氏
図1 「目標は、欧州のUHD販売でトップ3のブランド」。TCL社の欧州法人、Europe TCL MarketingのDirecterのAntoine Salome氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図2 ユーザーがテレビに望む条件。画質、画面サイズ、デザイン、接続性、3D機能という順番
図2 ユーザーがテレビに望む条件。画質、画面サイズ、デザイン、接続性、3D機能という順番
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図3 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(1)
図3 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(1)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図4 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(2)
図4 110型4KはJUMBO UHD TVシリーズ。若者向けに(2)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
図5 IFA 2014では110型の曲面型4Kテレビが発表予定
図5 IFA 2014では110型の曲面型4Kテレビが発表予定
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 「目標は、欧州のUHDテレビ販売でトップ3のブランドになることです」――。中国の大手液晶テレビメーカーであるTCL社の欧州法人「Europe TCL Marketing」でDirecterを務めるAntoine Salome氏は言った(図1)。「ユーザーがテレビに望む条件は、第1に画質、次にサイズ、デザイン、接続性、3D機能という順番です。われわれもこの優先順位で設計しています」(図2)。

 野望の源泉が垂直統合力だ。バネル製造子会社のChina Star Optoelectronics Technology社(CSOT、華星光電)は、第8.5世代(2200mm×2500mm)のマザーガラス基板を毎月13万枚投入できる能力を持つ、世界第3位のパネルメーカーだ。

「他社は水平分業ですが、われわれは垂直統合でより高性能、新分野、コストに強い最終製品を作れるのが最大の強みです」。この2番目の魅力条件である「サイズ」のショーケースがCSOT製造になる110型の世界最大級4K×2Kパネル。8.5世代マザーガラスを2分割して作製したものだ。これまで「FPD International」などの専門展示会ではお披露目されていたが、肝心のTCL社のテレビ製品化計画は不明だった。

 今回、Antoine Salome氏は具体的な商品化計画を明らかにした。ユニークなのが、「若者向けテレビ」として110型4Kテレビを発売すること。TCL社は、欧州市場ではダブルブランドで4Kテレビを展開する。1つが、35歳以上のファミリー層をターゲットにした「THOMSON」ブランド。4月に85型、55型、49型の4Kテレビ、「Z8766」シリーズを発売した。85型は約9000ユーロだ。

 もう1つのブランド「TCL」は、20~35歳の若い層に向けたテレビだ。110型は「JUMBO UHD TV」シリーズとしてTCLブランドで、若者向けに売られるのだ。若者がこんな大きなテレビ(価格未定だが、当然高価)を買うのかは疑問だが。Jumboシリーズは110型、85型、75型で構成する(図3、図4)。「これほどの大きな画面サイズのテレビが作れるのは垂直統合だからです」とAntoine Salome氏。9月の「IFA 2014」での110型の曲面型4Kテレビの発表も予告した(図5)。これまで筆者が展示会で試作パネルを見た限りでは、問題は画質である。本番製品はどうか。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ