家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

トルコの家電巨人「VESTEL」、成長の秘密は徹底的な「VESTEL隠し」

麻倉怜士IFA 2014 GPC報告

麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
2014/04/30 15:10
印刷用ページ
図1 Vestel社の85型4Kテレビ。パソコンからの4Kネイティブ・コンテンツを映していた(1)
[画像のクリックで拡大表示]
図2 Vestel社の85型4Kテレビ。パソコンからの4Kネイティブ・コンテンツを映していた(2)
[画像のクリックで拡大表示]
図3 トルコのマニサ(Manisa)にあるVestel社の大規模工場「Vestel City」の紹介ビデオ(1)
[画像のクリックで拡大表示]
図4 トルコのマニサ(Manisa)にあるVestel社の大規模工場「Vestel City」の紹介ビデオ(2)
[画像のクリックで拡大表示]
図5 戦略を説明するVestel社CEOのTuran Erdogan氏。1988年、Vestel社に入社。Istanbul Technical University機械工学科卒業
[画像のクリックで拡大表示]

 世界最大級の家電見本市「IFA」を訪れるたびに、「このメーカー凄いな」と思わせるのが、トルコのVestel社だ。いつも、ホール8にブースを出している。向こう側の韓国LG Electronics社のブースへ行くのに、Vestel社のブースを必ず通過する。特段、意識的に注意を払っているわけではないのに、展示製品が問わず語りに目に飛び込んでくるのである。それも、その時々のIFAで韓国Samsung Electronics社やLG Electronics社、ソニーなどが記者会見で発表している最新のスタイルが、しれっと展示されているのだ。これまでも4K、湾曲型、21対9、3次元(3D)、スマートテレビ……など、テレビの新しい流れを採り入れたテレビ製品を多数展示していた(図1~図4)。

 Vestel社CEOのTuran Erdogan氏の説明で、同社の成長の様子が分かった(図5)。Vestel社はIFAに26年前から出展している。

 「初回のブースはわずか100m2の面積でした。それが昨年のIFAでは3000m2まで大きくなりました。初回に雇ったドイツ人のブース担当者はたったの2人でした。その1人が当時法科に通う大学生アルバイトで、彼女は現在、100人を擁する人材派遣会社の社長です。今では彼女の会社から、たくさん派遣してもらっています」。

 IFAについてはこう述べた。「IFAは数ある展示会では特別な場所だと認識しています。ちょうど冬の商戦が始まる前に開催されるので、バイヤーとの交渉に新製品で臨めるからです。新しい取引先の開拓、人間関係の構築なども進みました。Vestel社の発展はIFAの発展と共にありました。なので、今回の「IFA 2014 Global Press Conference」(IFA 2014 GPC)は、ぜひトルコで開催するようにIFA幹部に強く推薦しました」。

【9月15日(火)開催】触るインタフェース(応用編)
~ウエアラブルと身体性から読み解く次世代インタフェース~


ウエアラブルデバイスで触覚情報を利用するための基礎と最新技術や、全身触覚と身体性に着目した新しい触覚インタフェースの新潮流について解説する。この分野に精通する3人の講師が、様々な研究開発例とその実装方法を紹介する。詳細は、こちら
会場:BIZ新宿 (東京・西新宿)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング