• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスMobile World Congress 2014(MWC) > Broadcomがスマホ向け2×2MIMO対応11acチップ、Galaxy S5が採用か

Mobile World Congress 2014(MWC)

Broadcomがスマホ向け2×2MIMO対応11acチップ、Galaxy S5が採用か

  • 中道 理=日経エレクトロニクス
  • 2014/02/27 10:17
  • 1/1ページ
デモの様子。最大400Mビット/秒程度を達成していた。
デモの様子。最大400Mビット/秒程度を達成していた。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米Broadcom社は2014年2月24日、2×2MIMOに対応したスマートフォン向けIEEE802.11acチップ「BCM4354」を発表し、「Mobile World Congress 2014」(スペイン・バルセロナ、2014年2月24~27日)で展示した。これまでスマートフォン向けの無線LANはBroadcom社も含めて、MIMOを利用できなかった。

 BCM4354では、回路を見直すことなどで省電力化し、スマートフォンに搭載できるようにしたという。具体的にはMIMOを利用しない状態で前世代のスマートフォン向け11acチップよりも25%電力を低減したとする。また、MIMOになったことでスループットが約2倍になるとともに、アクセスポイントとの通信可能範囲が30%拡大した。

 展示では11ac対応のアクセスポイントの近くにBCM4354を試験的に搭載したスマートフォンを用意。最大約400Mビット/秒で通信できることを示していた。

 BCM4354は既に大量生産を開始しているという。なお2014年2月24日には韓国Samsung Electronics社が「Galaxy S5」を発表し、2×2MIMOの11acに対応することを公表している。Galaxy S5にBCM4354が搭載されているかについては「ノーコメント」(Broadcom社)とするが、周辺の話からどうやらこのチップを搭載していそうだ。

  BCM4354は、業界団体A4WPが策定する無線給電仕様「Rezence」、Bluetooth 4.1、FMラジオの機能も備えている。

【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ