• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMESocial DeviceTrillion Sensors Summit Japan 2014 > 「トリリオン・センサーは新しい印刷プロセスで作る」、UC San DiegoのPisano教授が講演

Trillion Sensors Summit Japan 2014

「トリリオン・センサーは新しい印刷プロセスで作る」、UC San DiegoのPisano教授が講演

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/02/21 12:07
  • 1/1ページ
 「トリリオン・センサーを実現するためには、現在のSiプロセスに代わる新たなデバイス製造技術が必要になる」。米University of California, San Diego校 Professor and Dean, Jacobs School of EngineeringのAlbert P. Pisano氏は、2014年2月21日に開催された「Trillion Sensors Summit Japan 2014」で、このように指摘した。講演タイトルは「Polymer Sensor Cluster Technology for the Trillion Sensor Universe」。

おすすめ