• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計第43回インターネプコン ジャパン > IBMの3次元IC向けバンプ形成技術「IMS」、千住金属工業が装置化に成功

第43回インターネプコン ジャパン

IBMの3次元IC向けバンプ形成技術「IMS」、千住金属工業が装置化に成功

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2014/01/16 21:19
  • 1/1ページ
 3次元ICのチップ間接続などに向けて米IBM社が開発してきた新しいはんだバンプ形成技術「IMS(Injection Molded Solder)」。千住金属工業はIBMと共同でその装置化に成功し、「第15回 半導体パッケージング技術展」(2014年1月15~17日、東京ビッグサイト)で実機を初展示した。狭ピッチでかつ高信頼のバンプ接続が可能なIMS技術に対しては半導体業界から高い期待が寄せられているようで、「この1週間で世界の半導体大手20社近くから問い合わせがあった」(千住金属工業の説明員)という。
【技術者塾】(6/16開催)
実用化迫る、自動運転支援のためのセンシング技術


安全で安心な自動運転車の実現に向けて、運転自動化支援に必要なセンシングアルゴリズムの基礎理論から、自動運転に向けたさまざまな応用技術、最近の話題などについて、分かりやすく解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月16日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ