• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイス2014 International CES > 【麻倉怜士報告】「直下型LEDバックライト+ローカルディミング」が日本メーカーに戻ってきた

2014 International CES

【麻倉怜士報告】「直下型LEDバックライト+ローカルディミング」が日本メーカーに戻ってきた

  • 麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
  • 2014/01/14 14:17
  • 1/1ページ
 かつて、液晶テレビにおいて、直下型LEDバックライトとローカルディミング(局所輝度制御)による“コントラスト改革”が盛んだった。その後、「コストがかさむ」として各社は次々に撤退し、今ではエッジライト型LEDバックライトが全盛になっている。日本市場でローカルディミングをきちんと行っているのは、LGエレクトロニクス・ジャパンぐらいになってしまった。せっかく4K化したのに、ことコントラストに関して言うと、総体として液晶テレビの画質はかなり落ちてきているのが現状だった。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ