デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

電源アダプターの体積を1/4に、MIT発ベンチャーが新技術

高橋 史忠=日経テクノロジーオンライン
2014/01/10 20:49
印刷用ページ
FINsix社がCESのブースに出展した電源アダプターの試作品(写真手前)。手前にあるので大きく見えるが実際はかなり小さい(下の写真参照)
FINsix社がCESのブースに出展した電源アダプターの試作品(写真手前)。手前にあるので大きく見えるが実際はかなり小さい(下の写真参照)
[クリックすると拡大した画像が開きます]
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 米国のベンチャー企業FINsix社は、ノートパソコンなどの電源アダプターの体積を約1/4と大幅に小型化できる技術を開発した。重さでは約1/6にすることが可能だ。1月7日から米国で開催中の民生機器関連の展示会「2014 Internatinal CES」で試作版の電源アダプターを出展した。2014年夏にも65Wのノートパソコン用電源アダプターを製品化する。価格は、80~90米ドルになる見込みだ。

 同社は、米MIT(Massachusetts Institute of Technology)のLEES Laboratoryの研究者が2010年にシリコンバレーで立ち上げた企業。研究していた「VHF(very high frequency) switching」技術を応用して、電源アダプターの小型化に取り込んでいる。

 この技術は、従来の電源アダプターで数十~数百kHzだったスイッチング周波数を、30M~300MHzの範囲に高めるものだ。これにより、従来の電源アダプターよりも受動部品の部品点数を少なくできるため、小型化が可能になるという。技術的には、10~数百Wの電源に対応できる。この技術に関連した特許出願は、取得済みと審査中のものを合わせて20件に上るとFINsix社は話している。

 製品化する電源アダプターにはUSBポートを備えるタイプもあり、スマートフォンやタブレット端末にも利用できる。パソコンやスマートフォンなどの機器を複数持ち歩く際に、それぞれの電源アダプターを用意せずに済む。FINsix社の技術は、同社が開発した電源アダプター製品に留まらず、要素技術として機器の内蔵電源の小型化にも寄与する可能性を秘めていそうだ。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング