半導体デバイス 半導体デバイスの最新情報・トレンドを知る
 

IEDMが明日開幕、IBMのグラフェンICなどがLate Newsに登場

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/12/09 11:19
印刷用ページ
会場のWashington Hilton
会場のWashington Hilton
[クリックすると拡大した画像が開きます]
ショート・コースの様子
ショート・コースの様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 半導体デバイス技術に関する世界最大規模の国際会議「International Electron Devices Meeting(IEDM)2013」(2013年12月9~11日、米国ワシントンD.C.)が米国時間の明日、2013年12月9日に開幕する。登録者数は会期前日の12月8日午前時点で1260人。会期を通じて1400~1500人の参加を見込んでいる。前回ワシントンD.C.で開催された「IEDM 2011」の参加者数は1465人で、これとほぼ同等になる見通しだ。

 開幕に先立ち、12月8日には二つのショート・コースが開催された。一つは、10~7nm世代のCMOS技術を議論する「Challenges of 10nm and 7nm CMOS Technologies」で、登録者数は330人。伊仏STMicroelectronics社や米GLOBALFOUNDRIES社、ベルギーIMECなどから講師が登壇した。もう一つは、トンネルFETやスピントロ二クスなどの“Beyond CMOS”技術を議論する「Beyond CMOS: Emerging Materials and Devices」。登録者数は232人で、米Intel社や米IBM社などの技術者が講師を務めた。

 会場で配布されたプログラムでは、恒例の「Late News」の内容が明らかにされた。今回は次の3件である。IBM社は多段構成の高速グラフェン・レシーバIC技術を披露する(講演番号19.9)。イタリアPolitecnico di Milano and IU.NETと米Micron Technology社などのグループは、相変化メモリ(PCM)アレイにおけるデータ保持特性の統計的解析の結果を報告する(同21.7)。シンガポールNational University of Singaporeと台湾TSMC(Taiwan Semiconductor Manufacturing Co., Ltd.)のグループは、10nm以降の技術世代に向けた高性能Ge CMOS技術について発表する(同26.7)。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

<技術者塾>
電源制御と主回路の定式化手法(2日間)
~状態平均化法によるコンバータの伝達関数の導出と制御設計の基礎について事例を基にわかりやすく解説~



これまでの電源設計の教科書にはない新しい見地から基礎理論および実践例について解説するとともに、「系の安定度」の問題点と解決手法についても解説します。今年3月に発刊した「スイッチング電源制御設計の基礎」(日経BP社刊)をベースに最新の内容を解説いたします。詳細はこちら

【日時】:2015年9月28~29日 10:00~17:00 (開場9:30)予定
【会場】:化学会館(東京・御茶ノ水)
【主催】:日経エレクトロニクス

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング