• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計Embedded Technology 2013 / EDS Fair 2013 > ワールドカップの得点はPoisson分布、半導体設計で役立つ統計解析手法を一気に紹介

Embedded Technology 2013 / EDS Fair 2013

ワールドカップの得点はPoisson分布、半導体設計で役立つ統計解析手法を一気に紹介

  • 松岡 英俊=富士通研究所
  • 2013/12/06 20:25
  • 1/1ページ
半導体分野で使われる様々な統計解析手法についての解説講演が「EDSFair 2013」(2013年11月20日~22日にパシフィコ横浜で開催)の特設ステージで行われた。講師は、九州大学IMI(マス・フォア・インダストリ研究所)教授の西井龍映氏が務めた。
【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ