• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計Embedded Technology 2013 / EDS Fair 2013 > ワールドカップの得点はPoisson分布、半導体設計で役立つ統計解析手法を一気に紹介

Embedded Technology 2013 / EDS Fair 2013

ワールドカップの得点はPoisson分布、半導体設計で役立つ統計解析手法を一気に紹介

  • 松岡 英俊=富士通研究所
  • 2013/12/06 20:25
  • 1/1ページ
半導体分野で使われる様々な統計解析手法についての解説講演が「EDSFair 2013」(2013年11月20日~22日にパシフィコ横浜で開催)の特設ステージで行われた。講師は、九州大学IMI(マス・フォア・インダストリ研究所)教授の西井龍映氏が務めた。
【技術者塾】(8/31開催)
車載電子機器の中身はこうなっている/b>
~自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置~


本講座では、自動車搭載通信機(Telematics)、フル液晶クラスターパネル、衝突防止装置を構成する電子部品について、実際に講師が分解した機器を見ながら解説いたします。分解の結果として、どこのどのような部品が使用され、今後はどのような機能や部品が使用されるかについての講師の考察についても述べます。市場の評価が高い、スバルのアイサイトについても解説いたします。 詳細は、こちら
日程 : 2016年8月31日
会場 : エッサム神田ホール
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓