半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

「MEMSでもIDMモデルは成り立たなくなる」とGLOBALFOUNDRIES社副社長

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/12/05 06:00
印刷用ページ
講演の様子
講演の様子
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 半導体ファウンドリー大手、米GLOBALFOUNDRIES社Vice PresidentのSubramani Kengeri氏(Office of the CTO, Advanced Technology Architecture)は「SEMICON Japan 2013」(2013年12月4~6日、幕張メッセ)会期初日の基調講演に登壇した。同氏は目下、モバイル機器向けのSoC分野が半導体産業において最も脚光を浴びる“オリンピック競技場”だとしつつ、アナログICやMEMSなど、その他の領域の高い市場成長性にも目を向けるべきだと説いた。

 Kengeri氏によれば、アナログIC/MEMS分野は、半導体デバイス市場の平均を上回る市場成長を遂げつつある。背景にはユビキタス・ネットワークの普及やIoT(internet of things)の台頭があるという。例えば、パワー・マネージメントICの市場成長率は市場平均の2倍、無線(コネクティビティ)向けアナログICでは同3倍だといい、MEMS市場にも今後は市場平均の3倍の成長率が見込めるとした。

 半導体業界では一般に、最先端のプロセス技術に注目が集まりがちだ。だが、アナログICやMEMSではモバイルSoCに比べて数世代後れた技術が最先端として通用する。Kengeri氏は、パワー・マネージメントICでは130nm世代、パワー・アンプでは180nm世代といったプロセス技術にも依然として競争力があると話す。このように「最先端の微細化技術を追わない半導体の重要性が、ここにきて非常に高まってきている」(Kengeri氏)。

 同氏はアナログICやMEMSの製造モデルにかかわる問題点として、デジタルCMOSのようなファブレスとファウンドリーの水平分業モデルが確立していないことを指摘した。結果として、アナログICやMEMSの事業を手掛けるIDM(垂直統合型半導体メーカー)が、顧客や製品仕様に合わせた独自のプロセス技術や設計技術、パッケージ技術を適用している場合が大半という状況にある。こうした形態は「(生産規模やコスト面で)スケーラビリティに乏しく、サステナブルではない」(同氏)とする。そこで、アナログICやMEMSにおいてもスケール・メリットを享受できるファウンドリーが生産を請け負うモデルを、業界全体で確立していく必要があると同氏は主張した。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング