• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計Embedded Technology 2013 / EDS Fair 2013 > 「IEEE P2401として国際標準化が始まった」、LSI-パッケージ-ボード相互設計の今とこれから

Embedded Technology 2013 / EDS Fair 2013

「IEEE P2401として国際標準化が始まった」、LSI-パッケージ-ボード相互設計の今とこれから

  • 福場義憲=JEITA LPB-WG、東芝 セミコンダクター&ストレージ社
  • 2013/11/13 19:55
  • 1/1ページ
競争力のある電子機器を短期間に確実に設計するためには、セットと半導体に加えて材料、組み立てベンダーまで加えた一体的な連携が必要である。その連携を容易にすることを狙って、JEITA EDA技術専門委員会のLSI・パッケージ・ボード(LPB)相互設計ワーキング・グループ(LPB-WG)は、必要な情報とその書式を定める「LPB標準フォーマット」を策定してきた。
【技術者塾】(5/17開催)
キャパシタ応用を広げるための基礎と活用のための周辺技術


省エネルギー社会に則した機器を、キャパシタを上手に活用しながら開発するために、その原理と特長、信頼性、長寿命化、高密度化、高出力化などのセル開発の進歩とキャパシタの持つ課題と対応技術まで、実践活用に役立つ応用事例を示しながら学んでいきます。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月17日
会場 : BIZ新宿
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ