デバイス 半導体や電子部品を使い倒す
 

【ヘルスケアデバイス展2013】「ヘルスケア・センサ」「介護ロボット」の併設セミナー、多様な視点からのパネル討論を実施

小谷 卓也=日経エレクトロニクス 兼 デジタルヘルスOnline
2013/10/30 11:00
印刷用ページ

 「ヘルスケアデバイス展 2013」(主催:日経BP社、会期:2013年10月23~25日、会場:パシフィコ横浜)では、複数の主催セミナーの他に、二つの併設セミナーが実施された。「ウェアラブル・ヘルスケア・センサ国際シンポジウム」(主催:兵庫県立大学・東北大学マイクロシステム融合研究開発センター共催)と、「介護ロボットシンポジウム in 横浜みなとみらい」(主催 神奈川県、かながわ福祉サービス振興会)である。

宮田喜一郎
ウェアラブル・ヘルスケア・センサ国際シンポジウムの様子

 ウェアラブル・ヘルスケア・センサ国際シンポジウムは、ヘルスケア向けのセンサにターゲットを絞り、欧州や北米、アジアなど世界各地の研究者や企業を招いて実施された。各研究機関の取り組みの紹介などに加え、最後のパネル討論ではビジネスモデルや今後の技術課題などについて議論が交わされた。

 同シンポジウムの委員長である兵庫県立大学 教授の前中一介氏は、発表された海外の事例の多くが先進的であることを踏まえ、「日本企業も、もたもたしている段階ではないことが分かったと思う。世界の後塵を拝することなく、この新しいマーケットにスピード感を持って参入してほしい」と語った。

宮田喜一郎
介護ロボットシンポジウム in 横浜みなとみらいの様子

 一方、介護ロボットシンポジウム in 横浜みなとみらいでは、出展された各企業の介護ロボットの説明に加え、「ロボットと共存して介護の未来を拓く」と題するパネル討論が実施された。介護ロボットを実際に導入した施設の責任者や現場スタッフがパネリストとして登壇し、現場の視点から介護ロボットについて議論した。

【日経デジタルヘルス・セミナー】

次世代がん診断サミット2015
~「超早期」への破壊的イノベーション、始まる~


1滴の血液や尿、呼気などといった容易に取得できる生体試料からがんの兆候を捉えるといった破壊的イノベーションの最新動向や、それらのイノベーションがもたらす医療のパラダイムシフトなどについて一望できるプログラムを用意しました。詳細はこちら

日時:2015年9月2日(水)10:00~17:00
会場:富士ソフト アキバプラザ(東京・秋葉原)

コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング