• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスFPDI 2013 > タッチ・パネルなどの配線形成をフォトリソグラフィから印刷へ、微細化や低温焼成に対応したインクをDICが展示

FPDI 2013

タッチ・パネルなどの配線形成をフォトリソグラフィから印刷へ、微細化や低温焼成に対応したインクをDICが展示

  • 田中 直樹=日経エレクトロニクス
  • 2013/10/26 11:47
  • 1/1ページ
 高価な装置と複雑な工程が必要なフォトリソグラフィ法を使わずに、安価な装置と簡素な工程で済む印刷法で形成した微細な印刷パターンを、DICが「FPD International 2013」(2013年10月23~25日、パシフィコ横浜)で披露した。タッチ・パネルやディスプレイ、太陽電池の配線や電極の形成に向けたものであり、同社は印刷用インクの開発を進めている。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ