半導体製造 プロセス技術や工場の動向を知るための
 

中国SICCや韓国SKグループなど、アジア勢がSiCウエハー事業に本腰

大下 淳一=日経BP半導体リサーチ
2013/10/08 06:00
印刷用ページ
SICC社が展示した2〜4インチのSiCウエハー
SICC社が展示した2〜4インチのSiCウエハー
[クリックすると拡大した画像が開きます]
SKC社のブース
SKC社のブース
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 SiCやGaNなどの次世代パワー半導体分野で、韓国や中国に代表されるアジア勢が存在感を増している。デバイスやモジュールにとどまらず、部材の領域でもそのトレンドは顕著だ。2013年9月29日~10月4日に開催されたSiCパワー半導体に関する国際学会「ICSCRM 2013」(宮崎県 フェニックス・シーガイア・リゾート)では、ここにきてSiCウエハー事業の拡大に乗り出したアジア企業が展示ブースを構えた。

 中国SICC社は、2014年4月から広く外部提供を開始する直径2~4インチ(50mm~100mm)のSiCベア・ウエハーを出展した。同社は目下、SiCウエハーの品質で「米Cree社や新日鉄住金などに続く3番手グループに入ることを目指している」(日本における販売代理店のオーエステック)。既に「8カ国に顧客が存在する」(SICC社)といい、中国のデバイス・メーカーに加え、日本企業も同社のSiCウエハーの評価を開始しているもようだ。

 SICC社は6インチ(150mm)ウエハーも開発中で「2015年末までに量産化する」(オーエステック)予定。ベア・ウエハー上にエピタキシャル膜を成長させたエピ・ウエハーについても2016年をメドに製品化する考えだ。SICC社によれば、中国では「数多くのデバイス・メーカーがSiCパワー半導体事業に参入しようとしている」という。

ここから先は日経テクノロジーオンライン有料会員の方のみ、お読みいただけます。
・会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをクリックしてログイン完了後にご参照ください。
・会員登録がお済みでない方は、右下の「有料会員に申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続を完了させてからご参照ください。

【9月18日(金)開催】高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング