家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

「ためたHD番組が新しいテレビでも見られます」、新コンテンツ保護技術「SeeQVault」がアピール

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/10/02 16:39
印刷用ページ
ブースのプレゼンテーション Tech-On!が撮影。スクリーンはNSMのスライド。
ブースのプレゼンテーション Tech-On!が撮影。スクリーンはNSMのスライド。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
SeeQVaultのメリットの例 NSMのデータ。
SeeQVaultのメリットの例 NSMのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
WG-C20のデモストレーション・コーナー 左奥の外付けHDDのような形状をしているのが「nasne」。その手前がSeeQVault規格に準拠したmicroSDHCメモリカード。右にあるスマートフォンのような形状をしているのがWG-C20(グレー、紫、白の3色)。Tech-On!が撮影。
WG-C20のデモストレーション・コーナー 左奥の外付けHDDのような形状をしているのが「nasne」。その手前がSeeQVault規格に準拠したmicroSDHCメモリカード。右にあるスマートフォンのような形状をしているのがWG-C20(グレー、紫、白の3色)。Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
HDコンテンツ再生の流れ ソニーのデータ。
HDコンテンツ再生の流れ ソニーのデータ。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 パナソニックと韓国Samsung Electronics社、ソニー、東芝が開発した新しいコンテンツ保護技術「SeeQVault」。その4社で結成したSeeQVaultのライセンシングを行うNSM(Next Generation Secure Memory) Initiative LLCは、幕張メッセで開催中の「CEAEC JAPAN 2013」にブースを構えた(ブース番号5F67)。同規格のメリットなどをプレゼンしたり、準拠した新製品を紹介したりしている(ニュース・リリース1)。

 SeeQVaultは、メモリカードやHDDなどの記憶メディア間でコンテンツを移動する際に、コンテンツの保護を目的に開発された。これで、HDコンテンツの可搬性を上げることを狙う。例えば、現在、スマートフォンやタブレットの一般的なメモリカードに移動・保存する際にはSD画質になっているHDコンテンツは、HD画質のままSeeQVault準拠のメモリ・カードに移動・保存できる。

 また、テレビとUSB接続したHDDに保存されたHD番組は、そのテレビでないと再生できないのが一般的である。例えば、テレビを買い替えた際にそのHDDを新しいテレビにつなぎ替えても再生できない。一方、SeeQVault準拠のHDDとテレビの組み合わせならば、テレビを買い替えてもHDDを差し替えるだけで、新しいテレビでHD番組を見ることができる。

 NSMはSeeQVaultのラインセンシングを2013年2月に始めた。同月には、SeeQVault規格に準拠した初めての製品としてmicroSDHCメモリカードを東芝が発表し、サンプル出荷を開始した(Tech-On!関連記事1)。同年9月下旬に東芝はこのメモリカードを10月下旬から発売すると発表している(同2)。9月末には、ソニーもSeeQVault規格に準拠したmicroSDHCメモリカードを発表した(ニュース・リリース2)。さらに、ソニーは、SeeQVault規格に準拠した機器としてスマートフォン大の「ポータブルワイヤレスサーバー」(製品番号:WG-C20)も発表した(ニュース・リリース3)。WG-C20の大きさは約71mm×144mm×9mmで、質量は 約135g(本体のみ)である。

 今回のNSMのブースでは、WG-C20のデモンストレーションを行っている。WG-C20にSeeQVault規格に準拠したmicroSDHCメモリカードを挿して、同メモリカードにHDコンテンツを保存する。保存されたコンテンツは、専用のAndroidアプリケーションを載せたスマートフォンやタブレットで見ることができる(いわゆるワイヤレス再生)。スマートフォンやタブレットにHDMI端子があれば、HDMIケーブルで接続した大型テレビやディスプレイで、HDコンテンツを見られる。「自宅で録画したHD番組を、出張先のホテルのテレビでHD品質で楽しめる」(ブースの説明員)。

 ただし、今のところ、WG-C20にHDコンテンツを保存する手段は限られる。ソニーのネットワークレコーダー&メディアストレージ「nasne」で録画して、WG-C20にワイヤレス転送する必要がある。

 なお、WG-C20はSeeQVault規格対応以外の機能も複数備えている(むしろ、現在のユーザーにとってはこちらの機能の方が利用機会が多いだろう)。1つは、スマートフォンやタブレットの予備電池(電源)。3000mAhのLiイオン・ポリマー電池を内蔵する。スマートフォンやタブレットの外部記憶装置という機能もある。一般的なmicroSDHCメモリカードを挿せば、データや写真、SD画質の動画などの保存に使える。

 HD番組はデータ容量が大きく、nasneからWG-C20へのワイヤレス転送は時間がかかる。ブースの説明員によれば、60分間の番組の転送には、20~30分間かかる。Liイオン・ポリマー電池への充電とワイヤレス転送は同時に行えるため、「ユーザーが寝ている間に双方を行ってもらうユース・ケースを想定している」(ブースの説明員)という。

 WG-C20、2社のSeeQVault規格に準拠したmicroSDHCメモリカード、いずれもオープン価格だが、WG-C20の市場推定価格は1万円前後。SeeQVault規格に準拠したmicroSDHCメモリカードは東芝、ソニーとも、16Gバイト品が4500円前後、32Gバイト品は8000円前後としている。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング