• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス機器CEATEC JAPAN 2013 > 富士通が次世代UIのデモ、来年度に製品化へ

CEATEC JAPAN 2013

富士通が次世代UIのデモ、来年度に製品化へ

  • 今井 拓司=日経エレクトロニクス
  • 2013/10/02 14:29
  • 1/1ページ
「FingerLink」のデモ
「FingerLink」のデモ
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は「CEATEC JAPAN 2013」の会場で、カメラとプロジェクターを使う次世代ユーザー・インタフェース(UI)「FingerLink」のデモを実施している。テーブルの上に置いた書類やユーザーの指をカメラで認識して、関連する情報を紙の周囲に投影したり、ユーザーが指で指示した部分をスキャンして取り込んだりできる。同社が2013年4月に見せたデモと基本的には同一(関連記事)。当時のデモにはなかった、バーチャルなキーボードを投影する機能などを加えている。

 同社は2014年度内をメドに製品化に踏み切る考え。既に銀行などから引き合いがあるという。「銀行の窓口では、狭い机の上で何種類ものキーボードを切り替えて使うようだが、FingerLinkならば、例えば帳票を認識して、それに応じたキーボードを瞬時に出すとったことができる。個室での商品説明などにも応用可能だ。こうした用途にタブレット端末を使うと、お茶をこぼして壊れてしまったり、盗まれたりする恐れがあるが、これならば問題ない」(同社の説明員)。

 用途ごとにアプリケーション・ソフトウエアを作りこむため、価格は一概には言えないという。ハードウエア自体のコストは、汎用のカメラ(HD画質のWebカメラ)やプロジェクター(1280×800画素)を使っているため数万円で済むという。現在は、プロジェクターの投影面積はA4判大だが、用途に応じてさらに大きい画面を投影することも可能とした。

【技術者塾】(6/3開催)
センサ情報活用のためのセンシングモデル化の基礎と応用


センサの活用のためには、センシング対象をいかにモデル化するかが技術構築の上で鍵となり、数理的・信号処理的や人工知能論的アプローチの活用が基本となります。本講演では、モデル化過程において幅広く使えるこれらのアプローチの基礎をできる限り実利用に沿う形で解説します。詳細は、こちら
日程 : 2016年6月3日
会場 : BIZ新宿 (東京・西新宿)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ