技術経営 技術者が知っておきたい経営と市場の最新情報
 

「日本のリボーンに貢献したい」、トヨタ社長の豊田章男氏がオープニング・セレモニーに登場

小島 郁太郎=Tech-On!編集
2013/10/01 16:33
印刷用ページ
豊田章男氏 Tech-On!が撮影。
豊田章男氏 Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]
3イベントの代表が連携をアピール Tech-On!が撮影。
3イベントの代表が連携をアピール Tech-On!が撮影。
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 2013年10月1日から幕張メッセで始まった「CEATEC JAPAN 2013」。その開会式にあたるオープニング・セレモニーが同日正午からあった。

 主催者のJEITA(電子情報技術産業協会)や来賓の経済産業省、総務省の挨拶に続き、CEATEC WARD 2013の表彰式(Tech-On!関連記事)、さらに恒例のテープカットがあった。その後、今年ならではのイベントがあった。

 今回のCEATECは、国内の大手自動車メーカーがそろって大きなブースを構えるなど、応用分野として自動車が大きな存在感を示している。例えば、幕張メッセの1~8ホールを使うCEATEC会場でその1/4(ホール7と8)は、自動走行車などのデモンストレーション向けになっているほどだ。

 こうした自動車の影響力を象徴していたのが、テープカット後にあった、3つのイベントの主催者による共同プロモーションだった。3つのイベントとは、CEATEC JAPAN 2013、ITS世界会議東京 2013、第43回東京モーターショー2013である。3つのイベントは2013年10月と11月の2カ月間に連続して行われる。3つのイベントは互いに連携しているとした。

 東京モーターショーの代表として、日本自動車工業会の会長を務めるトヨタ自動車の豊田章男氏(代表取締役社長)が登壇した。自動車の電子化が進む中、自動車業界とエレクトロニクス業界が協調することの重要性はますます高まっているとし、3つのイベントが連携して行われることの意義を語った。そして、「日本のリボーンに貢献したい」と述べて、話をまとめた。

【技術者塾】
実践で学ぶ!システム設計力強化トレーニング(9/2・3開催)

~複雑化する製品の設計情報を見える化し、品質向上と開発効率化を実現~


システム・サブシステムにおいて、要求⇒機能⇒実現手段の順に段階的に設計案を具体化しながら、各段階において異分野の技術が相互に与える影響や背反事項のすり合わせを行うことが重要です。また、元々日本企業が得意なすり合わせをより効率的・効果的に行うために、設計情報を見える化し共通言語とすることが必要です。これらにより、システム目標の未達や見落としを防ぎ、品質向上と開発効率化の実現を目指します。詳細は、こちら
日時:2015年9月2日(水)・3日(木)
いずれも10:00~18:00
会場:京王品川ビル セミナールーム(東京・品川)
主催:日経テクノロジーオンライン
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング