• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスCEATEC JAPAN 2013 > スタンレーの自動車用技術を応用した超狭角LED投光器、三重県鳥羽湾の3島ライトアップに採用

CEATEC JAPAN 2013

スタンレーの自動車用技術を応用した超狭角LED投光器、三重県鳥羽湾の3島ライトアップに採用

  • 小島 郁太郎=Tech-On!編集
  • 2013/09/27 16:27
  • 1/1ページ
スタンレー電気の発表によると、同社が自動車用ヘッドランプで培った技術を応用して開発した超狭角のLED投光器「LLM0545A」が三重県鳥羽市・小浜旅館街活性化組合が実施する「三ツ島」のライトアップに採用された。2013年8月2日から実際にライトアップに使われている。
【技術者塾】(5/26開催)
シミュレーション要らずの熱設計・熱対策

~熱を電気回路に見立てて解析、演習で応用力アップ~


本講演を受講すると、シミュレーションに頼らない実践的な熱対策・熱設計ができるようになります。演習を通して実際に熱を解析し、熱設計への理解を深められます。現場で応用できる熱解析ツールを自分で作成できるようになります。 詳細は、こちら
日程 : 2016年5月26日
会場 : 化学会館 7F(東京・御茶ノ水)
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ