• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子設計ITC(International Test Conference)2013 > HILSの手法をA-D変換器やRF回路のテストに応用、神戸大学がLTEで有効性を確認

ITC(International Test Conference)2013

HILSの手法をA-D変換器やRF回路のテストに応用、神戸大学がLTEで有効性を確認

  • 佐藤康夫=九州工業大学、ITCアジア委員会
  • 2013/09/18 20:42
  • 1/4ページ

 「ITC(International Test Conference) 2013」のセッション12「Novel Techniques for ADC and RF」では、A-D変換器やRF回路の性能テスト・診断の新手法について3件の論文発表があった。通信用半導体デバイスの性能テストや不良診断は、一般に高額な専用装置を必要とする。3件の論文で提案された技術は、このような装置をの利用を減らすことにつながり、テスト・コスト削減に直接貢献すると期待される。

 ITCの本会議最終日の早朝からのセッションにもかかわらず、50名近くの聴衆が集まり、米国の通信系大手半導体メーカーの技術者などが熱心に質問していた。3件の論文のいずれも、アナログ・RF回路のフロントエンド部分を実デバイスとし、その性能やノイズ応答などの特性を、バックエンドのデジタル処理(数値演算プログラムあるいは離散時間シミュレータ)によりリアルタイムに抽出する手法を提案している。

 この手法によって、テスト・コストの低減や、インフィールド・テスト、システム・レベルのノイズ応答の予測、などを実現した。いわゆるHILS(hardware in the loop simulation)手法の実課題への応用と言える。その中でも、3番目の神戸大学の手法(講演番号12.3)には、後述するように、ノイズ干渉の問題に市販の通信シミュレータを利用しているという特徴がある(当該部分へのリンク)。以下に各発表のポイントを紹介する。

【技術者塾】(10/24開催)
不具合の未然防止に役立つ 組み込みソフトのモデリング

ソフトウエア技術者の設計力向上の勘所


ソフトウエア設計図(モデル)の具体例を紹介しながら基礎を解説します。「静的構造図」や「動的構造図」などを演習を通して作成。ソフトウエア技術者の設計力を高め、もっと速く楽に開発することを目指します。 詳細は、こちら
日程 : 2016年10月24日
会場 : Learning Square新橋
主催 : 日経エレクトロニクス

おすすめ