• BPnet
  • ビジネス
  • PC
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクスアナログCEATEC JAPAN 2013 > 村田製作所、0.25mm×0.125mmと小さいフェライト・ビーズを開発、2014年度中にサンプル出荷へ

CEATEC JAPAN 2013

村田製作所、0.25mm×0.125mmと小さいフェライト・ビーズを開発、2014年度中にサンプル出荷へ

  • 山下 勝己=テクニカル・ライター
  • 2013/09/18 13:37
  • 1/1ページ
 村田製作所は、外形寸法が0.25mm×0.125mm×0.125mmと小さい、いわゆる「0201サイズ」のフェライト・ビーズを開発した。2014年度中にサンプル出荷を開始する計画である。同社は、外形寸法が0.4mm×0.2mm×0.2mm(0402サイズ)のフェライト・ビーズを製品化しており、すでにスマートフォンや高周波モジュールなどで採用されている。今回の0201サイズは、0402サイズに比べると体積を75%削減できるため、機器やモジュールの小型化が図れる。
【技術者塾】
「決定版! アナログ回路技術者に必須のオペアンプを完全理解」(2016年6月23日(木))


オペアンプを基礎から十分に理解できていなければ、アナログ回路を設計したり応用したりすることはできません。本講座では、オペアンプの役割から詳細設計、実際に使用されているオペアンプの応用までを1日でマスターします。詳細は、こちら
日時:2016年6月23日(木)10:00~17:00
会場:化学会館(東京・御茶ノ水)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ