日経テクノロジーオンライン

【麻倉怜士IFA報告】メジャー各社のブースはこんなに違う

2013/09/16 17:00
麻倉 怜士=評論家、日本画質学会副会長
 「IFA2013」(ドイツ・ベルリン、2013年9月6~11日)のメジャー各社のブースは、それぞれ会社の色合いが出ているが、毎年見ていると変わる部分と、変わらない部分がある。パナソニックは、その時のテーマをブース入り口で、タワー状に展示する。3次元映像(3D映像)の時は3Dテレビだった。今回はもちろん4K×2Kだ。初の4K×2Kテレビ「L65WT600L」が16台×2列。つまり後ろ向きにも置かれ、それが鏡に反射すると、よりたくさんあるように見える。さすが手が混んでいる。

本記事は日経テクノロジーオンライン会員の方のみ、お読みいただけます。

  • 会員登録済みの方は、左下の「ログイン」ボタンをタップしてログイン完了後にご参照ください。
  • 会員登録がお済みでない方は、右下の会員登録ボタンをタップして、会員登録を完了させてからご参照ください。会員登録は無料です。