• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

HOMEエレクトロニクス電子デバイスIDF13 San Francisco > 新型メモリや3次元LSI技術など、エクサスケールに必要な技術をIntel社が示す

IDF13 San Francisco

新型メモリや3次元LSI技術など、エクサスケールに必要な技術をIntel社が示す

  • 木村 雅秀=日経BP半導体リサーチ
  • 2013/09/12 14:59
  • 1/1ページ
 米Intel社のAlan Gara氏(Intel Fellow, Chief Architect - Exascale Systems)は、2020年ごろの実現を目指すエクサスケール・コンピューティングに必要な技術について「Intel Developer Forum 2013」(2013年9月10~12日、米国・サンフランシスコ)で講演した(講演番号:SPCS007)。講演タイトルは「Technology Insight:The Path to Exascale Computing」。講演者のGara氏は米IBM社でスーパーコンピュータ「Blue Gene」のチーフ・アーキテクトを長年務めた経歴を持つ。
【技術者塾】
「1日でマスター、実践的アナログ回路設計」(2016年8月30日(木))


コツを理解すれば、アナログ回路設計は決して難しくはありません。本講義ではオペアンプ回路設計の基本からはじめて、受動部品とアナログスイッチや基準電圧などの周辺回路部品について学びます。アナログ回路設計(使いこなし技術)のコツや勘所を実践的に、かつ分かりやすく解説いたします。。詳細は、こちら
日時:2016年8月30日(火)10:00~17:00
会場:エッサム神田ホール(東京・神田)
主催:日経エレクトロニクス

おすすめ ↓スクロールすると、関連記事が読めます↓