家電・モバイル ボリュームゾーンの最新動向を知る
 

iPadでお料理? 無線LAN対応の調理家電など盛りだくさんのPhilips

山本 敦=AVライター
2013/09/06 18:27
印刷用ページ
Philips初の4Kテレビ「9000シリーズ」
Philips初の4Kテレビ「9000シリーズ」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
TP Vision社CEOのMaarten de Vries氏
TP Vision社CEOのMaarten de Vries氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]
無線LAN機能搭載の調理家電「Home Cooker」
無線LAN機能搭載の調理家電「Home Cooker」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
iPadからメニューを選ぶと必要な食材を教えてくれる
iPadからメニューを選ぶと必要な食材を教えてくれる
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Saecoの無線LAN機能搭載エスプレッソ・マシーン「Grand Barista Avanti」
Saecoの無線LAN機能搭載エスプレッソ・マシーン「Grand Barista Avanti」
[クリックすると拡大した画像が開きます]
味の濃さなどをiPadからカスタマイズ可能
味の濃さなどをiPadからカスタマイズ可能
[クリックすると拡大した画像が開きます]
Philips Consumer Lifestyle社CEOのPieter Nota氏
Philips Consumer Lifestyle社CEOのPieter Nota氏
[クリックすると拡大した画像が開きます]

 オランダRoyal Philips社は現地時間2013年9月5日に開催したIFA2013のプレスカンファレンスで、同社ブランドでは初となる4K液晶テレビ「9000シリーズ」や、無線LAN機能を搭載したキッチン家電のコンセプト・モデルなどを紹介した。

 「9000シリーズ」は84型と65型の2製品をラインナップ。IFAの開催後から欧州各地域で販売を順次開始する予定である。「高精細な4Kアップコンバート機能の搭載も含めて高画質を追求した。65型は4999ユーロ(65万円前後)という挑戦的な価格設定とした」(Philips社のテレビのデザイン・製造・販売・マーケティングを担当するグループ企業オランダTP Vision社のCEO、Maarten de Vries氏)とし、欧州を中心に4Kテレビのシェア拡大に意欲をみせた。

 100チャンネルを超えるVODサービスなどが楽しめるテレビ向けのクラウド・サービス「Cloud TV」も発表した。宅内のエネルギー管理やホーム・セキュリティなどの機能も組み込まれる予定という。

 オーディオでは、“Spotify公認”をうたう無線スピーカ「Fidelio SoundSphere」も注目を集めた。インターネット経由でSpotifyに接続する機能をスピーカ本体に組み込んだわけではなく、ペアリングしたスマートフォンのSpotifyアプリでストリーミング再生した音声を無線でスピーカに飛ばして聴くという使い方になるようだ。欧州を中心に人気の高い音楽配信サービスであるSpotifyとのコラボを打ち出し、Philips社のオーディオ製品のハイエンド・シリーズ「Fidelio」の普及を進める戦略だ。なお本機以外にも、いくつかの“Spotify公認”無線スピーカが新製品として展示されている。

 キッチン家電でも無線LAN機能を搭載するコンセプト・モデルを出展した。「Home Cooker」は無線LAN機能搭載の調理家電。iOS用アプリで献立を選択すると、メニューに必要な食材が表示される。食材をカットしてクッカーに入れるところまではユーザーが自分で下ごしらえをしなければならないが、食材のセットが完了すれば、あとは無線LAN接続したiPadから「調理スタート」を選択して、料理の出来上がりを待つだけ。途中で水を足さなければならないときや、調理が完了した際など料理の各段階で知らせるアラーム機能も備える。

 Philips社のグループ企業であるイタリアSaeco社からは、無線LAN機能を搭載したエスプレッソ・マシーン「Grand Barista Avanti」が出展されている。本体に豆やミルクなど材料をセットした後に、iOS用アプリから20種類を超えるコーヒーのテイストを選択。豆の挽き方やミルクとの割合による濃さの調整など、味のカスタマイズもアプリ上で設定できる。カスタマイズした設定を保存する機能も備える。

 これらの無線LAN機能搭載キッチン家電は、コンセプト・モデルとしての出展という。「今後はIFAなど様々なイベントに展示しながら、来場者の反響をみて商品化を検討していきたい」(Philips)。

 カンファレンスにはPhilips Consumer Lifestyle社のCEO、Pieter Nota氏が登壇。「Philips社はこれまで、コンシューマが望むイノベーションを開拓してきた。これからもコンシューマからのフィードバックを重視しながら魅力ある製品を開発、提供していく」と述べた。

【9月18日(金)開催】
高精細映像時代に向けた圧縮符号化技術の使いこなし方
~H.265/HEVCの基礎から拡張・応用技術とその活用における心得~


本セミナーでは高品質、高信頼、高効率に製品化するために標準化された高圧縮符号化技術、H.265/HEVCについて、その基盤となった符号化技術の進展から映像・製品特性に適切に圧縮符号化技術を使いこなす上で知っておきたい基本とH.265/HEVCの標準化、実装、製品化に向けた基礎及び拡張技術の理解と活用の勘所等について詳解します。詳細は、こちら
会場:中央大学駿河台記念館 (東京・御茶ノ水)
コメントする
コメントに関する諸注意(必ずお読みください)
※コメントの掲載は編集部がマニュアルで行っておりますので、即時には反映されません。

マイページ

マイページのご利用には日経テクノロジーオンラインの会員登録が必要です。

マイページでは記事のクリッピング(ブックマーク)、登録したキーワードを含む新着記事の表示(Myキーワード)、登録した連載の新着記事表示(連載ウォッチ)が利用できます。

協力メディア&
関連サイト

  • 日経エレクトロニクス
  • 日経ものづくり
  • 日経Automotive
  • 日経デジタルヘルス
  • メガソーラービジネス
  • 明日をつむぐテクノロジー
  • 新・公民連携最前線
  • 技術者塾

Follow Us

  • Facebook
  • Twitter
  • RSS

お薦めトピック

日経テクノロジーオンラインSpecial

記事ランキング